足裏からわかること

 

フットプラーナのさかた ゆうこです。

 

あなたは自分の足や足裏をじっくりと観察した事がありますか?

なぜこのような質問をしたかというと……

 

足裏は健康のバロメーターだからなんです。

足裏からはその人自身が現れています。

 

足裏の状態は人それぞれ違うので、その人の足の形の特徴や皮膚の色から健康状態やどんな考え方をする人なのかがわかるのです。

 

今日はそんな足から読み取れるポイントをご紹介します。

 

【足の大きさ・形】

身長が高くて細身の人は足のサイズも大きく、幅も細めでスッキリとしています。

 

身長が低めでややぽっちゃりな体型の人は、足裏もサイズが小さめでぽっちゃりとした可愛いらしい足をしています。

 

このようにだいたいの人は足の形が体格と比例していて、その人が普段どんな生活をしていて、どんな人なのかが読み取れます。

 

例えば足が大きい人は大らかなで寛大な人。

 

足が小さくほっそりとしている人は、ちょこちょことよく動き、色々と気がつくけれど心配症な人。

 

足裏の形が四角っぽくて、皮膚が硬い人は、真面目で緊張しやすい傾向があります。

 

【足の指の形】

人差し指が長い人は話す事が得意なタイプが多い傾向が。

 

親指が大きいひとはリーダーシップが取れる人。

 

人差し指~小指の関節が常に出っ張っている人は頑張り屋さん。

 

薬指だけが曲がっている人は家族などの人間関係に悩みがある。

 

小指の爪が潰れていたり、タコが出来ている人は、お金の出入りがちょっと激しいかな?

 

踵に角質が多くついている人は、ちょっと生活習慣が大雑把になっている傾向が。

 

指の下の所に角質がつきやすい人はせかせかと急いで行動していませんか?

 

親指と人差し指の間が離れている人は、リーダーの素質があるか、リーダーそのものだったり。

 

反対に指と指の間がきっちりと狭い方は、周りに気を使いすぎていませんか?

 

【足は物語っています】

足の裏の色が赤っぽい人は、最近ちょっと怒りっぽくなっていないですか?

 

白っぽい人は貧血気味。ちゃんと食事をとっていますか?

 

反射区の位置によって青っぽい、白っぽい人はそこ反射区の器官がちょっと弱っているかもしれないです。

 

足裏に細かいしわが多い方は、何か心配事でもありますか?

 

などなど。

 

例として、お店の時のお客様で、人差し指が親指よりも長く、スっと上に伸びていて、色もいい、とにかく他の人よりも人差し指の形が綺麗な方でした。

 

ただ、指が冷たいかな?っといった感じでした。

 

私は「失礼ですが、お仕事は何か人前で話すお仕事をされているのですか?」と思わず訊ねてしまいました。

 

お客様は「え?何でわかるんですか?以前はナレーターなどの仕事をしていました。今は全然違う仕事ですが」と教えてくださいました。

 

その話しをした時にお客様の人差し指が、ふわっとピンク色になって、温かくなったのが見て直ぐにわかりました。

 

この時、ちょうど転職を考えていたそうです。

 

このような方は本来は話すお仕事の方があっているのでしょうから、また話すお仕事につけるといいなぁ……と思いました。

 

今回ご紹介したのは1例だけですが、この方のように足は色々と物語っています。

 

【理想的な足の形】

理想的な足の形はどんな形がいいのでしょう。

 

理想的な足は形は皮膚はふかふかで柔らかく、色はピンク、足の指は真っ直ぐ伸びていて、指と指の間もあいているのが理想的です。

 

爪もピンク色で健康的な爪がいいですね。

 

あくまでも私の長年の観察と傾向ですが、ぜひご自分の周りにの方の足裏も観察してみてください。面白いですよ。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

【まとめ】

・足の形は体格と比例している

・足の指で得意な事、考えている事がわかる

・理想的な足はふかふかで足の指は真っ直ぐ、ピンク色がいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です