実践型台湾式足つぼ講座 泌尿器系の反射区の動画

こんばんは、フットプラーナのさかた ゆうこです。

実践型台湾式足つぼの泌尿器系の手技です。

 

【呼吸がゆったりとできるくらいに】

 

テコの原理を使って反射区を押していくので指に負担が少なく、深く押せます。

 

スピードは相手の呼吸がゆったりとできるくらいの速さで。

 

押す深さもイタ気持ちいいと思える深さまで押します。

私はよく、相手が受け入れてくれるところまで押しています。
ここまではいいけれど、これ以上深く押すとすごく痛がるな…という場所まで。

 

無理やり痛く押すと、身体が拒絶反応をするのでよくないです。

 

「台湾式足つぼ」=「悲鳴」と思い込んでいる人も多いのですが、悲鳴をあげるまで押すと、腰を悪くします。

 

身体が拒否反応を起こすので、踏ん張って身体に力が入ってしまうからです。

 

痛いけれど、心地よくって、いつの間にか寝てた…。
そんな足つぼを目指しています。

 

【テコの原理】

手技はテコの原理を利用しています。

 

力点が引き手、作用点が押す指です。

 

なので引き手の力が7割くらい、押す指の力は3割くらいですみます。

 

どこの反射区も指角を使って「ガシガシ」と押す手技とは違って関節にタコができにくいです。

 

生徒さんは最初は指の使い方に慣れるまでが大変ですが、この泌尿器系の手技さえできるようになれば、あとは楽に押せるようになります。

 

どうせならやっつけ作業みたいな押し方より、愛を込めて押して行きたいです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【まとめ】

フットプラーナの実践型台湾式足つぼは…

・テコの原理を使って反射区を押していくので指に負担が少なく、深く押せる

・スピードは相手の呼吸がゆったりとできるくらいの速さで

・押す深さもイタ気持ちいいと思える深さまで

・引き手の力が7割くらい、押す指の力は3割

・関節にタコができにくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です