顔のむくみ④ 鎖骨のリンパを流す

こんにちは。フットプラーナの友羽子(ゆうこ)です。

顔のむくみについて何回かに記事を分けて書いています。

前回までの記事はこちら

顔のむくみと7対3の法則

顔がむくむ理由①

顔がむくむ理由②

顔がむくむ理由③リンパの流れ

 

 

リンパの流れがわるくなると、流れなかった体液が身体に残ってしまい、顔がむくんでしまう。

 

では、どうすればリンパの流れをよくできるのでしょうか。

 

全身にあるリンパ管は静脈よりもとーっても細く、リンパ節で合流して老廃物やウィルスをろ過します。

 

リンパ節のある場所は主に

・鼠蹊部(脚の付け根)

・膝窩リンパ節(膝の裏)

・腸リンパ本幹(お腹の中)

・肘リンパ節(肘の内側)

・腋窩リンパ節(脇の下)

・鎖骨リンパ節

・耳下腺リンパ節(耳の下)

・顎下リンパ節(顎の下)

・頚部リンパ節(首)

・後頭リンパ節

 

と、たくさんあるけれど、顔のむくみでポイントになるのが、鎖骨にある『鎖骨リンパ節』です。

鎖骨リンパ節のある場所は、鎖骨の上のくぼみになっている部分にあります。

 

リンパ液はおへそから上の右半分は右リンパ本管へ。

おへそから上の左半分と腹部、右脚、左脚は胸管に流れ込みます。

 

鎖骨のリンパ節はとても重要なので、流れがスムーズになるようにしておく必要があります。

 

手順①

 

 

鎖骨の上のくぼみ部分の3箇所を右手で左の鎖骨、左手で右の鎖骨を片方ずつ、人差し指と中指の腹で軽く3秒くらい押します。

 

揉むように指を動かしたり、力を入れる必要はありません。指がこれ以上沈まないというところまでに置いて静かに3秒じっとしています。これを左右3箇所おこないます。

 

これを毎日数回行います。お風呂上がりでもいいですし、気がついた時にやるのもベストです。

 

自分が続けられるタイミングをみつけておこなってください。

次回も引き続き顔のむくみセルフケアについて書いていきます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました💓

 

(マメ知識・鎖骨の部分ははリンパ節だけではなく、肺の上の部分も出ているんですよ。なので、鎖骨の所に針とか刺さってしまったら、肺に穴が開いてしまいます。まぁ、針が刺さることなんて滅多にないでしょうが…)

 

【まとめ】

・顔のむくみでポイントになるのが、鎖骨にある『鎖骨リンパ節』。

・鎖骨のリンパ節はとても重要なので、流れがスムーズになるようにしておく必要がある。

・鎖骨の上のくぼみ部分の3箇所を右手で左の鎖骨、左手で右の鎖骨を片方ずつ、人差し指と中指の腹で軽く3秒くらい押す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です