顔がむくむ理由⑥頬骨の下のリンパを流す

フットプラーナの友羽子です。

顔のむくみについて書いています。

前回までの記事はこちら。

顔のむくみと73の法則

顔がむくむ理由①

顔がむくむ理由②

顔がむくむ理由③リンパの流れ

顔がむくむ理由④鎖骨のリンパを流す

顔がむくむ理由⑤顎の下のリンパを流す

⑤の続きから

頬骨の下にはツボがあります。

ここのツボを刺激するとフェイスラインがキュッと上がります。

親指の先を小鼻の横から頬骨の下にセットします。

頬骨を持ち上げるように指を滑らせて耳のところまでリンパも流しましょう。

ここは表情筋もある場所なので使わないでいると硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなってしまうと血管やリンパの流れが滞ってしまいますので、顔のむくみの原因にもなり、シミも濃くなってしまうのです。

ここのリンパを流すとシミが薄くなりますよ。(マジで)

刺激のあるマッサージは肌に負担をかけたり、痛みがストレスになったりするので、ゆっくりとイタ気持ちいい力加減で行なってくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました😊

まとめ

・親指の先を小鼻の先から頬骨の下にセットする

・頬骨を持ち上げるように耳のところまで流す

・表情を動かさないとリンパや血液が滞る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です