小顔になる方法④側頭筋をほぐす

フットプラーナの友羽子です。

今までの記事はこちら

小顔になる方法

小顔になる方法

小顔になる方法

 

こめかみのところにある筋肉を側頭筋といいます。

 

この側頭筋が衰えると頬の筋肉も衰えてほうれい線が目立つようになってしまう…。

 

 

(illust AC

 

側頭筋をほぐすと頬の筋肉もすっきりとするので、リフトアップして小顔になりますよ。

 

ほぐし方はは人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を側頭筋にあてて、円を描くようにほぐしていきましょう。

 

ここは歯を食いしばったり、歯ぎしりをするととてもコリ場所なんです。

 

コリ固まったままにすると血流が悪くなるので、頭痛が起きてしまう事もあります。

(昔のひとはここにサロンパスを小さく切ったものを貼ったり、梅干しを貼ったりしていました)

 

だからといって、筋肉を使わないと筋力が衰えてしまうのしっかりと噛んで筋肉を鍛えましょう。

 

そして、写真を撮る時など、速攻でリフトアップしたい時には、側頭筋を手をグーにして、指の関節で解してください。

 

ちょっと痛いけれど、すぐにリフトアップします。

(これはやり過ぎは禁物)

あくまでも応急処置みたいなもの。

 

よく側頭骨を頭の中に押し込めるように押すと良いと聞きますが、一般の人がこれをすると頭痛やめまいの原因になるのでおススメしません。

 

あくまでも筋肉を解しましょう。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました😊

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です