ジストニアの方への施術について

フットプラーナの友羽子です。

ジストニアとは脳の神経の病気です。

自分の意思に反して筋肉が勝手に動いたり硬くなったりする状態が続いたり、繰り返し起こります。

局所性ジストニアは局所(手や足など)の筋肉が動いてしまう。

全身性ジストニアは全身の筋肉が異常に動いてしまう症状だと私は認識しています。

実際にお店を運営していた時に局所性ジストニアの方が来店された事があります。

ジストニアの方への施術は、お医者さまの許可があればお受けしていました。

中には筋肉をほぐす行為は良くないと懸念するお医者さまもいますが、

お客様は局所の筋肉の緊張で、首がこったり、肩がこったりするのでほぐしてもらえるとやはり楽になるようです。

神経の緊張からくる症状なので、セラピーによって副交感神経が優位になるからかもしれません。

なので、あまり深く強い負荷はかけないで施術したりします。

私は長年オステオパシーのスクールで触診の勉強させてもらっていますが、理学療法士さんのような施術はしていません。

ずっと以前に介護アロマの勉強はしたので、タッチなどの暖和ケアの仕方で行う場合はあります。

まず、とにかくお医者さまの許可があればご相談に応じますのでお問い合わせください。

微力ですが、困っている方へ少しでもお役に立てれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です