東洋式足つぼ 施術の基本『両手を離さない』

両手を離さない

東洋式足つぼ講師の坂田ゆうこです。

東洋式足つぼでは『両手を離さない』を基本としています。

 

 

両手を離すと次の手技に繋げられないのと気の流れもそこで止まってしまうから。

 

受講生の中でも他の手技をやってきた人は、足つぼ施術の途中で両手を離してしまう人がいます。

 

これは受けている人も一瞬フッと気持ちが途切れてしまうと思うのです。

(そう思うのは私だけ?)

 

 

柔道でも

 

例えば柔道の試合をよく見ると強い人は両手を絶対に離していません。

 

これは技をかけた後も。

 

技をかけた後に直ぐに手を離したら押さえ込むことも出来ないですし、次の技へ繋げる事もスムーズにいかないでしょう。

 

これと同じで、足から両手を離してしまうと次への手技に繋げ難くなります。

 

 

 

 

 

気の流れ

 

次に気の流れについてですが、

 

人間の身体には気というエネルギーの風が吹いていてこの風が血やリンパなどの体液を身体の隅々まで運んでいると考えられています。

 

特に気は頭上から入って足から出ていくといいます。

足からは気は右から入って左から出て行きます。

 

 

なので、足から両手を離してしまうと、そこで気の流れが止まって気が滞ってしまう。

 

両手を離さないでスムーズに流れを作りましょう。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です