赤ちゃんと足つぼ

 

赤ちゃんの足裏にも足つぼをしてもいいの?

 

あかちゃんの足裏を刺激してあげることはとても大切です。

 

強めの刺激ではなくオムツ変えの時などに優しく手の指の腹で刺激してあげてください。

 

そうすることにより足裏は感覚が敏感なので、足裏を刺激することで脳が活性化して身体全体の動きへの神経伝達が早くなります。

 

歩行反射

 

原始反射primitive reflexesのひとつに歩行反射というのがあります。

 

赤ちゃんは産まれてすぐに足を交互に屈曲して歩く仕草をします。

 

これを「歩行反射」「原始歩行」「自立歩行」といいます。

 

 

 

歩行反射は赤ちゃんがひとり歩きをするために必要な機能を発達させるためのものです。

 

人は歩く事をやめると衰えて行きますが、歩く事は成長の上でとても大切なことなんだなぁと実感します。

 

足裏にある感覚神経へ働きかけるとバランスを取りやすくなったり、踏ん張りがききやすくなったりして運動能力が向上するそうですよ。

 

ぜひ、赤ちゃんにも足裏を刺激してあげてください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

A

(この道具は海外の動画では良く見かけるけれど、日本で使っているのを見た事がないなぁ。)

 

 

東洋式足つぼでは手先だけではなく身体を使ってテコの原理で足裏を刺激していくメソッドをお伝えしています。

 

実践型東洋式足つぼ講座 ベーシックコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です