生理痛がある時の反射区

こんにちは、東洋式足つぼ講師の坂田 ゆうこです。

今回は生理痛・生理不順がある方への反射区をご紹介します。

生理中は足つぼをしない方がいいの?と思いますよね。

じつは生理中だからこそ足つぼをすることによって、1週間だらだらと続く生理が3日で終わりました!なんて事もあるんですよ。

コツは外側の卵巣の反射区を押してから内側にある子宮の反射区を押すこと。

親指の腹を使って滑らせるように10回ずつ押してください。

力加減はイタ気持ちいいくらいから弱めがちょうどいいです。いいです。

押した後は出血の量が増える事がありますが、それはちゃんと身体が反応している証拠。

滑りのよいクリームを塗っておこなってくださいね。

お風呂上がりでも寝る前でもかまいません。

生理不順のある方は普段からも押してくださいね。

出張足つぼ、講座再開しました。

質問等がありましたら、コメント欄かメールにてお受けしています。

お気軽にたずねてくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です