女性の不妊症のための反射区

反射区を刺激することでホルモンバランスを整え、骨盤内の血流を良くして卵巣機能を向上させます。

 

【足つぼをする時の注意点】

・食後1時間以内は避けてください。

・お酒を飲んだ時は避けてください。

・骨の上は強く揉まないようにしましょう。

・足を怪我をしている時は避けましょう。

・足をもんだあとはコップ1杯のぬるめの白湯を飲みましょう。老廃物が排出されやすくなります。

・足をもんだあとは体がだるくなったり眠くなることがあります。車の運転などは避けてください。

・足をもんだあとはおしっこが近くなったり、色や匂いが濃くなることがあります。

 

【おすすめのアロマオイル】

ホホバオイル10mlに対して

・ゼラニウム1滴

・サンダルウッド1滴

・ジンジャー1滴

・ローズオットー1滴

 

【子宮】

踵からくるぶしの下までの側面を親指の腹を使ってもみほぐします。

痛いと感じる方は老廃物が溜まっているので、痛みがあまり感じなくなるまでもみほぐしましょう。

 

【卵巣・卵管】

子宮の反射区と同じく踵からくるぶしの下までの側面を親指の腹を使ってもみほぐします。

痛いと感じる方は老廃物が溜まっているので、痛みがあまり感じなくなるまでもみほぐしましょう。

 

 

【卵巣】

肉厚の部分なので手をグーにして、指の関節を使い矢印の方向へほぐしていきます。

 

【脳下垂体】

ホルモンを分泌し、体のホルモンバランスを保ちます。

親指の腹を使い、印の場所を数回強めに押します。

 

 

月に一度はプロにメンテナンスをしてもらうことをおすすめします☆

ご予約はこちらへ

 

フットプラーナ 坂田 ゆうこ

東洋式足つぼ講師・セラピスト

プロフィール

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です