東洋式足つぼ
通信講座

お客様から指名され、リピートされ続ける技術とは?

お客様から指名され、リピートされ続けること。

それは、プロのセラピストなら、誰もが願うことではないでしょうか。

しかし、実際には

  • 単発の施術で終わってしまう
  • 常に新規の顧客を集客しなければならない
  • 先が見えず収入が不安定すぎる

といった理由で、セラピストを廃業する方も少なくありません。

うまくいっているセラピストと、そうでないセラピストの違い。

その理由は、数多くありますが

ひとつには、もちろん技術力の違いがあると言えるでしょう。

ただし、必要なのは「そつなく、なんとなくうまい技術」ではありません。

お客様が「次もこの人にお願いしたい!」と思える技術です。

そのために必要なのが、東洋式足つぼ。

なぜ、指名されリピートされ続けるために、東洋式足つぼの技術が必要なのか?

知りたい方は、もう少しお付き合いください。

施術の様子

東洋式足つぼとは

足つぼ、つまり「リフレクソロジー」としてよく知られているのは、英国式です。

セラピストのみなさんには、あえて説明するまでもありませんが、足裏表面の反射区をソフトに刺激する施術ですね。

子どもや、高齢者、病気療養中の方でも受けられる優しい足つぼとして知られています。

また「台湾式」も、有名ではないでしょうか。

台湾式は、強めの圧をかける施術です。

英国式とは刺激の深さが違うため、ピンポイントで反射区をとらえる、より高度な技術を要求されるのが特徴です。

ここでお伝えする「東洋式」は、台湾式がベースとなっており、指の関節や腹をつかって、反射区を正確に深く強い刺激でもみほぐしていきます。

ところが、ただ強く押せばいいと考えている方は、すぐに体を壊します。

強い刺激を加えるために、指だけに力を入れているうちに、指が痛くなってしまうからです。

私は20年、足つぼの施術をしていますが、指が痛い、腰が痛いなどということはありません。

お客様にラクになってもらう役割のセラピストが体を壊すようでは、プロ失格と言えるでしょう。

とくに、長年セラピスト稼業をしている方は、注意が必要かもしれません。

最初は教わったとおり施術をしているものですが、だんだんと自己流にふれていきます。

そして悪いクセが抜けなくなり、体を壊してしまう方を、たくさん見てきました。

プロだからこそ、鍛錬が必要であり、基本に忠実であること。

それが、自分の体を守ることにもつながります。

東洋式の施術を正しく行うには、正確な反射区のとらえかたと、体全体を使った施術法の2つが、もっとも重要。

この2つを網羅したのが、東洋式足つぼ通信講座です。

指導中の様子

そして、東洋式足つぼを、正しく施術できるようになると、次のようなことが可能となります。

  • 的確に反射区をとらえることから、施術による効果がわかりやすいため、お客様の満足度が向上する
  • 反射区の状態によって、お客様の体のお疲れ部位がわかるようになるので、その後のボディセラピーに好影響を与える
  • 力の弱い女性であっても、男性のお客様に満足してもらえる

結果、お客様から指名され、リピートされることにつながっていきます。

また「東洋式足つぼ→ボディの施術」とつながっていけば、必然的に単価は上がりますね。

世の中には、本当に数多くのセラピストが存在しますが、東洋式足つぼを学び、取り入れている方は、ほんの一握りです。

だからこそ、いま、あなたが「東洋式足つぼ」を本格的に身に付ければ

その他大勢のセラピストから、頭一つ抜きん出るのは、想像に難くありません。

「次もこの人にお願いしたい!」と思われる技術があれば、高単価にもなりますし、末永く、売れっ子セラピストとして活躍していくのも、夢ではないのです。

東洋式足つぼ通信講座

こんな方にオススメです

  • すでに、足つぼ(リフレクソロジー)を、施術に取り入れている方
  • 足つぼは未経験でも、ボディの施術をしている方
  • 近いうちに独立し、自分のサロンを構えたいと考えている方
  • セラピストとしての引き出しが少ないと感じている方
  • もっと指名がほしい方
  • いまの自分、これでいいの?と不安な方
  • 高単価なサービス導入を目指し、売上UPをねらう方

※本講座は、プロのセラピストが対象です。施術未経験者や、素人の方はご遠慮ください。

東洋式足つぼ通信講座3つの特徴

1.ほかにはない、体の使い方にフォーカスした映像教材
足つぼの通信講座の多くは、反射区を刺激するときの手元の映像です。

もちろん、それも大事ですが、さらに重要なのが「体の使い方」です。

この講座では、模範となる体の動きを2方向から映像化して、繰り返し学んでいただけるようになっています。
2.学んだだけで終わらせない、技術を確認できるフォロー体制
映像を見て学ぶだけでなく、対面(2回)およびZoom(1回)を使ったフォローアップを実施します。
3. 半年間、メールで質疑応答。回数無制限。
わからないこと、不安なこと、迷うこと。

そんなことがあれば、すぐに講師にメールをしてください。

6ヶ月間、回数無制限でお答えします。
東洋式足つぼの専門家 坂田ゆうこ

坂田ゆうこの施術を受けたお客様からの推薦の声

千葉県在住 A様より~

15年以上前。坂田さんが、千葉市で店舗を構えていたころからお世話になっています。

当時から坂田さんの施術は群を抜いた上手さでした。

そのころの私は、コンピュータ関係の会社に勤めていて、肩が凝らない日がないという毎日を送っていました。

そのため、いろんなリラクゼーションサロンを渡り歩きました。

ですが、気に入って通い詰めたくなるようなサロンとは出会えず、転々としていたところで、坂田さんと出会ったんです。

その日から私は、坂田さん以外の人に、足裏を触られたくなくなりました。

坂田さんに足つぼを押されると、脳まで刺激が届くんです。

そのあとのボディの施術で、眠ってしまえるのは、坂田さんならでは。

比較するのも申し訳ないことですが、ほかのセラピストさんの場合「痛気持ち良い」ではなく、ほぼ「痛い」だけ。

そして交感神経が必要以上に刺激されてしまい、眠るどころではなく、かえって疲れることもありました。

さらに、坂田さんの施術は、スピード感がほど良く、心底リラックスできます。

両足の施術あわせて10分なんていうサロンもありますが、セカセカしているせいか、まったくリラックスできません。

坂田さんの力強くてゆったりした手技を味わってしまうと、ほかでは受けられないです。

そんな坂田さんの技術を学べる講座だなんて、セラピストのみなさんは幸せだと思います。

私も、坂田さんが何人もいればいいのにと思っていましたので、坂田チルドレンがこれからどんどん増えていくこと、心から楽しみです。

講師プロフィール

東洋式足つぼの専門家
坂田ゆうこ

1966年福岡県生まれ/東京都豊島区在住。セラピスト歴19年、施術人数3万人以上。指導実績15年。

出張メインの現役セラピスト兼、東洋式足つぼ講師。

リピート率は9割をほこり、開店当時から18年間継続して指名してくれるお客様多数に恵まれる。

<保有している資格・体得技術>

中国伝統民族療法協会認定反射療法士、臼井式霊気ヒーラー、東洋式リフレクソロジー、筋膜リリース、腸セラピー、タイ古式マッサージ、AEAJ認定アロマアドバイザー、オステオパシー

<おもな経歴>

2002年 台湾式足つぼスクールに1年間通学。

2003年 千葉県千葉市にて路面店のリラクゼーションサロン「Refre Jam」を開業。累計2万人を超えるお客様が来店。

2008年 ボディワークに関する各種講座を開講し、講師業も兼務。

2013年 多数の常連客から惜しまれつつ千葉市のサロンを閉店。出張施術をメインとするため東京へ拠点を移す。

2017年 屋号を「Foot Prana」へ改称。

2022年 東洋式足つぼ通信講座をリリース。

<ごあいさつ>

「なぜ、サロンを閉店したの?」

この質問は、私がよく聞かれることのひとつです。

誤解をしてほしくないのは、事業が不調で閉店したのではない、ということ。

路面店での営業は好調でしたし、スタッフもいました。お客様は常にひきも切らない状態でしたから、そのままお店を続けることもできたと思います。

ですが、ずっとお客様をサロンでお迎えする動かない働き方から、いろいろなところへ自分が移動していく働き方をしてみたくなったんです。

そんなとき、離婚も重なりまして思い切って閉店しました。

出張施術をメインにしていくと、多くのセラピストさんたちとの関わりが増え始め、そこで目にしたのは「自分より、技術力のないセラピストのほうが多い」という事実でした。

正直、それまでは、お客様に「上手いですね」と言われても、「いえいえ、そんな私なんてまだまだ…」と言っていましたが、それは謙遜ではなく、世の中は広いですし、もっと上手な人はいると本気で思っていたからです。

その価値観が崩れたことが、こうして東洋式足つぼ通信講座の開講につながったかもしれません。

技術力の高いセラピストが増えれば、私たちセラピストの地位も、もっともっと向上するはずです。

講座概要

講座名東洋式足つぼ通信講座
受講方法・通信講座
・対面フォローアップ 2回 3時間×2回
・オンラインフォローアップ(Zoom)2時間×1回
・メールでの質疑応答 回数無制限
受講の有効期間教材配布から半年間
教材・PDF教材 A4 101ページ
・映像教材の専用サイト 約70ページ(半年間の利用期限あり)
受講条件プロのセラピスト
※「プロ」とは、有償で施術をする方のことを指します

受講料金

144,000円(税込) 

銀行振込・クレジットカード(PayPal)払い

<受講料金に含まれるもの>

  • 教材一式 100,000円相当
  • 対面フォローアップ2回分 50,000円相当
  • オンラインフォローアップ1回分 15,000円相当
  • メールフォロー 15,000円相当
  • 合計、180,000円相当 

<オプション料金>

  • 対面フォローアップ3回目以降 1回あたり25,000円(3時間)
  • オンラインフォローアップ2回目以降 1回あたり15,000円(2時間)
  • メールフォロー 半年間延長 15,000円

受講の流れ

自主トレーニング

教材をもとに、自主トレーニングを重ねてください。

メールでの質問は、6ヶ月間、いつでも何度でも可能です。

STEP
1

対面フォローアップ

ご自身のタイミングで、対面フォロー(3時間×2回)をお受けください。

このフォローアップは、マンツーマンで実施します。

STEP
2

オンラインフォローアップ

ご自身のタイミングで、オンラインフォロー(2時間×1回)をお受けください。

このフォローアップは、Zoomで実施します。

STEP
3

よくあるご質問

実践型東洋式足つぼ講座との違いは、なんですか?

実践型東洋式足つぼ講座は、実技を含むため、すべて対面で実施する講座です。対して、 東洋式足つぼ通信講座 は、オンラインに重きを置いているため、居住地に関わらず受講いただけるのが特徴です。

英国式リフレクソロジーをしていますが、受講できますか?

体の使い方を学ぶ講座ですので、英国式、中国式、台湾式など、流派に関わらず活用および、受講可能です。

足つぼの初心者ですが、大丈夫でしょうか?

初心者であっても、プロ(有償で施術を行う方)であれば、問題ありません。これからプロのセラピストを目指す方は、 実践型東洋式足つぼ講座 をオススメします。

なぜ、プロ向けなのですか?

プロが、実際に施術を経験したことでぶつかる問題点を解決するための講座だからです。

分割払いはできますか?

銀行振込、クレジットカード払いともに、一括払いです。ただし、ご利用のクレジットカード会社で、支払い方法を分割に変更できる仕組みがあればご利用のうえ、ご自身でお手続きください。

受講期間の延長は可能ですか?

別料金にて、延長することができます。詳しくはお問い合わせください。

体調不良などによる途中休講はできますか?

やむを得ない理由の場合は、最大で6ヶ月間休講ができます。

海外に住んでいます。受講は可能ですか?

本講座には、対面フォローアップを2回含んでいますが、2回ともオンラインにすることで受講していただけます。もちろん、対面フォローアップのために来日していただいても問題ありません。

お申し込みフォーム

    お名前 (必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 ハイフン無し(必須)

    支払い方法(必須)

    メッセージ

    規約への同意確認
    スクール規約に同意のうえチェックをいれてください。

    追伸

    ハッキリ言います。

    お客様がリピートしてくれない理由のひとつ。

    それは「セラピストの腕が良くない」ことです。

    (もちろん、接客、相性、人柄、知識など、ほかにも理由はあります)

    私はこの業界に身を置いて約20年になりますが、90%のお客様がリピートしてくださいますし、最長で18年、施術を受け続けてくれている方もいらっしゃいます。

    本当にありがたいことだと思います。

    セラピストは、医者ではないので、お客様の体を治すことはできません。

    それでも、お客様の自然治癒力の向上を、後押しすることは可能です。

    日々をお過ごしのお客様が「疲れたなぁ」と感じたときに、思い出してもらえる、一番身近な存在でいること。

    それが真のセラピストの姿だと、感じています。

    あなたも、そんなセラピストを、目指してみませんか?

    東洋式足つぼを正しく身に付ければ、セラピストとして、ワンランクもツーランクも向上できることを、お約束いたします。

    東洋式足つぼの専門家 坂田ゆうこ

    2022年1月吉日
    坂田ゆうこ