踵の硬さは膣の硬さ

踵は生殖器の反射区なんですよ。

踵が角質や乾燥で硬くなっていると膣も硬くなっている場合が多いですね。

実際、踵に角質がついている方に、子宮の状態について聞いてみると

「実は生理が止まっているんです」

「閉経したんですよ」

「子宮の病気があるんです」

などなどの答えが返って来ます。

膣は更年期を迎えるとホルモンの分泌が低下し、膣粘膜からの分泌物が減少してしまいます。😵

膣の中はコラーゲンも減少し、乾燥して硬くなり縮んでしまうんですね。

性交をする時に痛みがあることも。

膣の浄化機能が落ちて違和感やかゆみ、カンジダなどの感染症に悩まされたりすることもあるんですよ。

普段からオイルなどで踵と膣のまわりをマッサージするなどをしてケアをすることが大切です。

かかりつけの婦人科医を見つけておくのも大事ですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

参考にしていただければ幸いです❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。